×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Google

Yahoo! JAPAN



初体験 (小説) リンク集

『初体験』(はつたいけん)は、ゆめほたるによる恋愛小説。モバゲータウンのケータイ小説機能で作成されたケータイ小説であり、2007年5月に書き上げられた。完結直前には閲覧数が20,000回を超え、完結直後の小説ランキングでは1位を獲得した。その後、2008年2月に紀伊國屋書店より書籍化された。

夏休みを直前に控えたある日、斉藤朋子は交通事故に遭ってしまう。もうろうとする意識の中で、朋子は「神」を名乗る人物から衝撃の事実を明かされる。山本龍太と田中雅也が約40日後の8月27日、午前0時1分にそれぞれ別の場所で死ぬというのだ。彼らを助けるためには、どちらか一人と初体験をしなければならないのだという。しかし初体験は、一生に一度、故に龍太と雅也のうちどちらか一人は、死んでしまう。どちらか一人を選ばなければならないと、朋子は悩む。

斉藤朋子(18歳、高校3年生) 主人公。いつも一人でしりとりをしており、周囲からは奇異の目で見られているのだが、本人は自覚していない。しかし朋子が一人でしりとりをするのは、15年前の兄・洋一との約束「すぐに戻ってくるから、一人でしりとりをしていてね」という理由があるのだった。 天然キャラで、雅也の名前を覚えるのにも9回もかかった。龍太と初体験をし、更にもうひとつの選択(後述)をして雅也をも助けるが、最後に自らの命を落とす。 神 正体は、朋子の兄の斉藤洋一。15年前、朋子を助ける代わりに自ら神になること(死)を選択せざるを得ない状況に陥り、交通事故で命を落とした。見た目は、サラリーマン風の若くてカッコイイ男である。洋一曰く、死んでから年を取っていないらしい。 田中雅也(18歳、高校3年生) 8月27日に死亡すると明かされた一人。陸上部。3ヶ月前に父親と妹を亡くしている。 高校の女子の中では一番人気があり、ファンクラブもあるほどである。 山本龍太(17歳、高校3年生) 8月27日に死亡すると明かされた一人。サッカー部。朋子とは幼なじみで、10年間で100回も告白してきた。学校では喧嘩が強く問題児になっていたが、それは朋子を守るためだった。 戸田真美(18歳、高校3年生) クラスの女子の中ではリーダー格。見た目は美人で、成績優秀。男子を魅了するが、唯一雅也にだけは振られている。ある日、登校中に雅也が朋子の事を抱いていたところ、朋子にバケツ1杯の水をかけた。祖父は犬城神社に住んでいる。神が朋子に『もうひとつの選択』の事を説明をしていたのを偶然聞いてしまい、そこで「田中君を助けて」と言ってしまったために朋子が死んだのだと思い、責任を感じている。 後日談では、10年後には、既に雅也と結婚しており、6歳になる娘・朋実と円満な家庭を築いている模様。 吉田香苗(28歳、学生) 洋一の初恋の人。大学を卒業した後、ドイツに留学して心理学を学んでいる。龍太に対し、キスをしたり、雅也との勝負に勝ち目はないとつぶやくなど、悪魔的な行動に出る。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2010 初体験 (小説) リンク集 All Rights Reserved.

リンク集1 リンク集2 リンク集3 リンク集4